スポンサーサイト

2017.07.15 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    レコードジャケット パープル・シャドウズ

    2017.06.05 Monday

    0

       

      ♪ぼ〜くがはじめてえ〜 き〜み〜をみたのは〜 白いとび〜ら〜の〜 ちいさ〜な すなっく〜♪

       

      「小さなスナック」だす、この曲でデビューし、あっという間に40万枚を売り尽くしています

       

      サウンド的にはGS界のイージーリスニング的な存在で、熱唱するような歌い方ではなくどちらかとゆうとムード歌謡のような雰囲気を漂わせていました

       

      それが証拠に三枚めのジャケット「別れても好きな人」はロス・インディオス&シルヴィアが歌ってリバイバルヒットしましたがこの曲は彼らがオリジナルです

       

      ファン層は若い女性からおば様までと広範囲にわたっていたようです

       

      メンバーのリーダーでギター担当の今井久は私思うにチンコでかいと思っています、ただなんとなくですがね

       

      そういえばこいつ、エレキギターを月賦で買ったんだけど楽器屋が潰れてしまい完済していない月賦の残り未だに払っていないようなんだけどこれって踏み倒しになるのかね〜

       

      本人は払う気持ちはあると思うんだけどね

       

      「月賦」って〜言葉も今は死語になってしまったんですね、今は「ローン」ですか

       

      喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
       

       

      レコードジャケット ザ・ピーナッツ

      2017.06.04 Sunday

      0

         

        私の大好きなザ・ピーナッツさんです

         

        この双子のデュオは名古屋のレストランで「伊藤シスターズ」として歌っていたところをワタナベプロダクションの渡辺晋にスカウトされてナベプロ入りしました

         

        双子ならではの抜群のハーモニーはデビュー曲の「可愛い花」を聞いても分かるようにデビュー当時から完成されたものがあります

         

        ♪ワ〜オ ワ〜オ おなかのそこからワ〜オ♪

        NHKのドラマ「若い季節」のテーマ曲でこの歌の歌いだしだす

         

        二枚目のジャケットは「スク・スク」でスマイリー小原がバンドの指揮をリズムを取りながら踊っていたのを覚えています、スクスクは当時ヨーロッパで流行したニュー・リズムでジャケットもどこか洋盤風に仕上がっています

         

        「情熱の花」はベートーベン作 ”エリーゼのために” を作曲家の宮川泰がラテン風にアレンジした曲です

         

        「インファント娘」は誰でもがご存じモスラの主題歌で今でも覚えている人もいるようです

         

        ザ・ピーナッツに関してはたくさん書きたいことがあるのですがきりがありません

         

        掲載したレコードジャケットにはありませんが(昭和37年)に発売したシングル「手編みの靴下」は園まりのシングル「逢いたくて逢いたくて」の元歌です

         

        シングル、LPの累計売上は1000万枚以上です

         

        クレージーキャッツと共に「ナベプロ大国」を築いたスターであることは間違いありません

         

        喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
         

        レコードジャケット 落合恵子

        2017.06.03 Saturday

        0

           

          文化放送の「セイ!ヤング」のパーソナリティで「レモンちゃん」の愛称で親しまれて大学生に圧倒的な人気を獲得しました(同期にはみのもんたがいました)

           

          最近はフェミニストとして女性や子供の問題、反戦運動・反核運動・原子力撤廃集会などに参加し進歩的文化人としての露出が多いですがテレビで見るとガラガラ声で山姥のような風貌で「レモンちゃん」の面影は全く無く容姿と言っていることにガッカリします

           

          この手の似非文化人ってインテリと言われたいとか立派な人間にみられたい という自己顕示欲が強いだけで、自省的な事を言って道徳的な人間を演じるのは大好きなんですが我が身に火の粉が降りかかるとは見苦しく言い訳したり、批判者を攻撃したりするのが常套です(日本に近い半島の人の感情によく似ていると思います)
           

          目立ちたいがためにファッション感覚や見栄で左翼に走った人たちって芸術家気取りの似非インテリや女性に多いですね


          これは在日朝鮮人や部落開放同盟の罠なんですよ


          ほとんどの人は社会人となると左翼思想から目覚めるもんですがいまだに目が覚めない単細胞が結構います
           

          日本の左翼ババアと言われている女性、福島瑞穂、田嶋陽子、吉永みちこ、加藤登紀子、香山リカ、千葉景子、岡崎トミ子、落合恵子、瀬戸内寂聴、大竹しのぶ、美輪明宏(こいつは左翼ジジイだね)、小沢遼子などがいますが個性的な生き方がカッコいいと勘違いしたり、自分がうまくいかなかったことを社会のせいにしそうな捻くれた考えの人が多いような気がします

          自分の確固たる考えがないので宗教や左翼思想に嵌る人、感化されやすい人、騙されやすい人、集団心理や集団行動に走りやすい人など共通点があるように思いますね、左翼思想ってヒステリック集団心理を利用したものかもしれませんね

           

          そういえば「サンデー・モーニング」って番組、コメンテーターがあまりにも左寄りの発言ばかりなので見なくなりましたね

           

          寺島実郎なんて自分の論は持たずに他人の論に批判しかできない民進党の体質そのものだもんね

          因みに寺島実郎氏は全国大学偏差値ランキング、偏差値41の多摩大学の学長さんです
           

           

          喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
           

          レコードジャケット 鳳蘭

          2017.06.02 Friday

          0

             

            私の母と姉は宝塚の大ファンで姉なんぞは未だに宝塚の公演を観にいっています

            姉は小学生の頃から宝塚に入りたかったようですが所詮叶わぬ夢でした(当たり前といえば当たり前のことでした)

             

            鳳蘭は宝塚に入団後「花のふるさと物語」で初舞台、その後「僕は君」で上月晃(姉が大ファンでした)の後の星組トップスターになり、1979年に宝塚歌劇団を退団しています

             

            かなり前のことですが何かの本に書いてあった鳳蘭が言っていた言葉が印象的でした

             

            「私は宝塚音楽学校に入った時からスターでした」

             

            凄い言葉ですよね

             

            ミツバチが女王蜂を育てるために花の蜜から作り上げたローヤルゼリーをせっせせっせと与えて体を大きくしてハチの巣のなかで女王蜂にするようなものだと言っていたような気がします

             

            毎年宝塚音楽学校に何人の生徒が入学するか知りませんが入校した時にある生徒を将来スターに育てあげることが決まっているようです

             

            女王蜂以外はすべて働き蜂です、努力して難関の宝塚の学校に入ってもスター以外は働き蜂です、舞台に立ってもヒーロー・ヒロイン役の女王蜂を引き立てるため周りで踊ったりコーラスするための働き蜂なのです

             

            ステージの横か階段の後ろの方で花束持って ♪すみれのは〜な〜さ〜く〜ころ〜♪ と歌っているその他大勢なのですよ

             

            イヤ〜宝塚って怖い世界ですね、この世界でスターになった人達は何人のミツバチが取ってきたローヤルゼリーを食べてきたのでしょう

             

            因みに鳳蘭は現在、未来のタカラジェンヌを目指す人のために宝塚受験のためのカリキュラムミュージカル スクールを開校しているようです

             

            大きな目、大きな口、鳳蘭ってライザ・ミネリに似ているよね

             

            そういえば最近のニュースで松岡修造の娘が宝塚音楽学校にみごと合格しましたがローヤルゼリー与えてないのに既に女王蜂の風格がありましたね

             

            喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
             

             

             

             

             

             

             

            レコードジャケット 尾崎紀世彦

            2017.06.01 Thursday

            0

               

              圧倒的な声量と歌い方で和製トム・ジョーンズと称されました

               

              コーラスグループ「ザ・ワンダース」を結成して活動した後ソロシンガーとして独立しました

               

              デビュー曲の「また逢う日まで」が100万枚のミリオンセラーとなり、初の日本レコード大賞と歌謡大賞の二冠を達成、また新人での受賞も初めてという快記録を作りました

               

              その後のヒットは少ないものの、力強い本格的歌唱で根強い人気がありましたが69才で亡くなっています、肝臓がんだったらしいです、私まだ存命かと思っていました

               

              歌真似番組なんかで尾崎紀世彦の真似をする歌手は必ずと言っていいほど大きなもみあげを付けて歌っていましたね

               

              「ゴットファザー・愛のテーマ」は暴走族やトラックのホーンに使われていました

               

              テレビに出演するよりディナーショーのほうがやっぱしサマになる歌い手さんですね

               

              なんか尾崎紀世彦ってガツガツしないで歌いたいときに歌を歌っていた感じがします、よく言えばマイペース、悪く言えば怠け者だったのかもしれませんんね

               

              喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
               

              レコードジャケット 大里みさ子

              2017.05.31 Wednesday

              0

                 

                ♪詩っていいでしょ お客さん♪

                 

                身代わりギターではなく、「身がわりギター」だす

                そんなこた〜ど〜でもいいことですがこの歌手まるで知りません

                 

                すびばせんね

                 

                喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                 

                レコードジャケット 大友裕子

                2017.05.30 Tuesday

                0

                   

                  1970年代後半、当時アマチュア音楽コンテストの最高峰にあったYAMAHAのポプコン(ヤマハポピュラーソングコンテスト)は数々のヒット曲を生み出しその当時の方思いで深い曲も多いいと思います
                  そのポプコン、第16回ヤマハポピュラーソングコンテストつま恋本選会に東北大会代表として出場し、「傷心」で優秀曲賞受賞を受賞しました(宮城県の出身だからね)
                  圧倒的な歌唱力とともに、ニューミュージック全盛の時代でしたが歌詞が演歌にも通じる女の情念を感じさせ、、ニューミュージックとは一線を画した曲で印象深い曲です
                  この時の大会ではグランプリが「夢想花/円広志」、入賞には「流恋情歌/チャゲ&飛鳥」「明日への旅立ち/クリスタルキング」など、その後デビューするアーティストも受賞しています
                  「魂のシンガー」そんなイメージがぴったりな大友裕子です
                  ボヘミア〜ン 破れかけのタロット投げて 今宵もぉ〜〜あなたの行方占ってみる♪
                  「ボヘミアン」だす、葛城ユキが歌ってヒットしましたが実は、この「ボヘミアン」を歌ったのは、葛城ユキが最初ではなく大友裕子だす
                  かなり前銀座のライブハウスに葛城ユキを観にいったことがあるんだけど2曲くらい聞いてすぐに店を出てきたことがありました
                  ジャニス・ジョプリン気取りだか知らないけど私の趣味にはまるで会いませんでしたね
                  葛城ユキ・・・私の嫌いな歌い手だす、大友裕子の爪の垢でも煎じて飲みなさい
                  ♪おてもや〜ん♪(ボヘミア〜〜ン)
                  喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                   

                  レコードジャケット 大野進

                  2017.05.29 Monday

                  0

                     

                    ケムンパス、ベシ、ココロのボスにブタ松と、漫画家「赤塚不二夫」大先生が絶頂期のときに作られたものだす

                     

                    このレコードを作ったのは、日本のレコーディング・エンジニアであり日本音楽スタジオ協会・相談役、日本ミキサー協会・顧問などを歴任した大野進とゆう偉い人だす

                     

                    この人はね、菅原洋一の「今日でお別れ」でレコード大賞を受賞したり井上陽水の「氷の世界」で日本で初めてLPレコード100万枚を売り上げるミリオンセラーを達成したりしたとても凄い人なんだよ

                     

                    喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                     

                    レコードジャケット 大竹しのぶ

                    2017.05.28 Sunday

                    0

                       

                      大竹しのぶの演技力を見出した映画関係者やテレビ関係者は本当に見る目があったんだとつくづく思いますね

                      大竹しのぶって若い時の写真を見てもごく普通の女の子(お気の毒様な顔立ちとスタイル)なのにあれだけの演技力を見つけ、引き出したことに驚きます

                       

                      『青春の門』(1975)のオーディションで見事合格し牧織江役に抜擢されました

                       

                      この大役を演じ切り、『青春の門』では、キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞やブルーリボン新人賞獲得しています

                       

                      続編の『青春の門・自立篇』では、キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞と日本アカデミー賞助演女優賞の他、他数の女優賞を受賞します

                       

                      この映画の監督は日活映画所属の浦山桐郎監督で「女優育ての名手」と呼ばれ、吉永小百合や小林トシ江を大女優に育てたことでも有名な監督です

                      吉永小百合が主演した『キューポラのある街』の映画監督でもあります

                       

                      そして同年NHKの朝の連続ドラマ小説「水色の時」に出演して国民的ヒロインとなります

                       

                      天性の演技力と圧倒的な存在感で気鋭の舞台演出家や映画監督の作品の話題作に出演しジャンルにとらわれずその才能を発揮し豊かな表現力は多くの演劇賞を受賞して評価されています

                       

                      世代を超えて支持され続けている日本を代表する女優さんだす

                       

                      もの凄い褒め方になってしまいましたがただ一つこの人は家庭にはおさまりきらない人でしょうね

                       

                      優れた演出家の元、未知の自分を見つけ出しそれを表現することに快感と生き方を楽しんでいるような気がします

                       

                      喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                       

                       

                       

                       

                       

                      レコードジャケット 大沢逸美

                      2017.05.27 Saturday

                      0

                         

                         

                        第7回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを獲得し、「ジェームス・ディーンみたいな女の子」で芸能界デビューを果たします、ボーイッシュなヘアスタイルと身長170cmのスタイルで当時はアイドルとして活動していました


                        その翌年にはレコード大賞新人賞を受賞しています

                         

                        その後は女優として少しだけ注目されました

                         

                        こんなところでしょうか、取り立てて印象に残るようなタレントではありませんでしたね

                         

                        喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします