スポンサーサイト

2017.07.15 Saturday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    レコードジャケット レインボーマン

    2017.06.25 Sunday

    0

       

      作曲はおふくろさん騒動の川内康範です

      川内康範といえば多くの映画の原作脚本を手がけたお方だす

       

      原作と脚本を手がけたテレビドラマの『月光仮面』は有名ですね

       

      作詞では「誰よりも君を愛す」、「君こそわが命」、「骨まで愛して」、「恍惚のブルース」、「花と蝶」、「伊勢佐木町ブルース」、「おふくろさん」など数多くのヒット曲を送り出しました

       

      さて特撮ヒーローもののレインボーマンですが劇中歌のなかに「死ね死ね団の歌」という超過激な歌があります

      歌詞の一部ですがかなり過激な内容です

      ♪死ね死ね死ね死ね死ね死ね死んじまえ♪
      ♪黄色いブタめをやっつけろ♪
      ♪日本人は邪魔っけだ♪
      ♪黄色い日本ぶっつぶせ♪
      ♪世界の地図から消しちまえ♪

       

      こ・こ・この歌詞は半島に住んでいる人が作ったような詩ですね

       

      勿論、放送自粛規制に引っかかりました

      DVDは販売されていますがテレビの再放送は中止しています

       

      喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
       

       

       

      レコードジャケット レモンレモンズ

      2017.06.24 Saturday

      0

         

        一卵性双生児の双子デュオ(あたりまえか)、ザ・ピーナッツを意識して売り出したものと思われますが売れませんでしたね

         

        その後フィリップスレコードに移籍し第1弾シングルがこれです

         

         

        第2弾がこれです

         

         

        レコード会社も見切りをつけたのかこれで打ち止めです

         

        喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
         

        レコードジャケット ルリーズ

        2017.06.23 Friday

        0

           

          このデュオは誰も知らないでしょう

           

          双子の歌謡ポップス・デュオだす

           

          まるで売れなかったのですが「廃番再プレス」対象商品「ガール・グループ編第3弾!アイドル・ミラクルバイブルシリーズ ガール・グループ」としてコスモス、ルリーズ、ビッキーズ、クイーン・エンジェルス、ニュー・ホリデー・ガールズ などオムニバス形式で売れずに消えていったガールズグループの寄せ集め版を売り出しています、興味のある方、3,240円です

           

          喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
           

           

          レコードジャケット ザ・レンジャーズ

          2017.06.22 Thursday

          0

             

            左端のレコード、「赤く赤くハートが」は、1992年に発売された 『カルトGSコレクション・クラウン編 VOL.1』に収録されていた曲で、カルトGSファンのなかでは知る名曲だす

             

            カルトGSファン待望の中、やっと初CD化されました

             

            GS全盛期、圧倒的な人気だったのがザ・タイガース、テンプターズ、オックスのような、ルックス的にもカッコよくてアイドル的な要素で売り出しているグループでした


            しかしまったく違う世界にある位置したカルトGSがいます、世間的には全く理解されなかったパンクの先駆者として一部のファンの間では大絶賛されているグループもあるのですよ


            当時世間には全く理解されなかったパンクの先駆者としてGS史上最大の怪作と言えると思います

             

            5枚のシングルをリリースしましたが、殆どヒットまでには結びつきませんでした

             

            末期はジャズ喫茶等での演奏が主だったが、1968年暮れに解散しましたがメンバーの中にはグループ解散後、ビクターに入社したり、銀座で画廊を経営していたり、勉学の為にレンジャーズを離脱して大学を卒業後、四国の新聞社に入社し記者として活動していたり、父親の後を継ぎ冷却機の会社を経営など堅実に人生を歩んでいるメンバーがいる半面、クラブでギターの弾き語りしてその後消息不明とか違うグループに参加して討ち死にとか悲惨な人もいるようです

             

            喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
             

             

             

            レコードジャケット キューピット

            2017.06.21 Wednesday

            0

               

              ピンクレディを対抗馬としてお色気路線でデビューしたキャッツアイでしたが敢え無く撃沈消滅後、後継として結成された双子アイドル泉山恵美子(エミ)&泉山由美子(ユミ)でしたが結果的にキューピットも時代に流されていったアイドルでありました

               

              それでもシングル盤は5枚ほど出しています

               

              花を咲かせることはできませんでしたがきっと充実した芸能活動だったのかと思います

               

              喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
               

               

               

              レコードジャケット ポピンズ

              2017.06.20 Tuesday

              0

                 

                キャッチコピーは「パピプペポピンズ」

                 

                所属する事務所はそれまでにアイドル歌手育成を手がけたことがなかった吉本興業だす

                 

                正統派アイドルデュオを誕生させたポピンズの売り出しに関しては吉本興業の新事業であり一大プロジェクトでした

                 

                デビュー時は「双子の妖精」という可愛い売り出し方をしたのですが後年のお二人の写真(一番右です)を見ると妖精のような可愛さはどこへやら・・・・

                 

                当時旋風を巻き起こしていた「おニャン子クラブ」には太刀打ちできずさしもの吉本も撤退でした

                 

                喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                 

                 

                 

                レコードジャケット ポピーズ

                2017.06.19 Monday

                0

                   

                  セクシーアイドルグループですがあくまでB級でした、こんなのバッタもんだよね

                   

                  ホットパンツにブーツという衣装が印象的でやけに色気を前面に出したグループでした

                   

                  元々はダンサーだった面々で歌も踊りも本格的なのですが何が目的だったんでしょうか

                   

                  オリジナルメンバーは6人でニックネームは、ジュン、ボクちゃん、ミッキー、モンロー、イブ、ラークとニックネームがついていましたが誰がどのネームなのかまったくわかりません

                   

                  実写版映画『ルパン三世 念力珍作戦』という映画(ルパン三世:目黒祐樹、次元大介:田中邦衛)に出演しています

                  この映画で動いているポピーズを見ることができますがこう書いても誰一人としてこの映画を探し出して動いているポピーズを確認する人はいないでしょうね

                   

                  喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                   

                  レコードジャケット ポール・アンカ

                  2017.06.18 Sunday

                  0

                     

                    ポールアンカのレコードジャケットを全て掲載ようとしたらきりがありません

                     

                    生き残りが激烈なショービジネスの世界で1950年代からずっとトップクラスであり続けている才能あふれる大スターだす

                     

                    偉大なシンガーソングライターでありポップスターです

                     

                    ポール・アンカが16歳の時当時大スターだったロック歌手ファッツ・ドミノのショーをマネージメントしていたアーウイン・フェルドに才能を見出されニューヨークへ行きすぐに知り合いを通じて有名プロデューサーのトム・コスタに会うことができ彼の前で、年上の女性への想いを込めた自作の曲を歌うと、コスタはすぐさまアンカの才能を見抜きました

                     

                    その曲こそが大ヒット曲「ダイアナ」です

                     

                    わずか16歳で自らの才能を証明し、スターの座を手にしました

                     

                    その後、「ユー・アー・マイ・デスティニー(邦題「君こそわが運命(さだめ)」)などのヒット曲を次々と発表し若くしてトップスターとなりました

                     

                    ポール・アンカの凄いところはその地位に甘んずることなく創作を続け、数々の名曲を世に送り出します

                     

                    フランク・シナトラに提供した「マイ・ウェイ」はポップス史に残る不朽の名作ですね

                     

                    シナトラと加山雄三の声質がよく似てると思っているのは私だけでしょうか

                     

                     

                    喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                     

                    レコードジャケット ペドロ&カプリシャス

                    2017.06.17 Saturday

                    0

                       

                      このグループはだいぶ昔のことですが池袋の西武か東武の屋上(もしかしたら丸物(今のパルコね)だったかもしれません)で演奏を聞いた記憶があります、その時はボーカルが初代ヴォーカル前野曜子だったはずです、高橋真梨子ではありません

                       

                      どんな曲だったか定かではありませんがラテン系かボサノヴァ調の曲だった記憶があります

                       

                      デビュー曲の「別れの朝」もやっていたかもしれませんが記憶にのこっていません

                       

                      その後ボーカルを高橋真梨子に替えて「ジョニィへの伝言」「五番街のマリーへ」などのヒット曲がつづきましたね

                       

                      現在のヴォーカル "桜井美香" が加入してからの曲は一曲も聞いたことがありません

                       

                      喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
                       

                      レコードジャケット ペトゥラ・クラーク

                      2017.06.16 Friday

                      0

                         

                        ペトゥラ・クラークといえば何と言っても「恋のダウンタウン」ですね

                         

                        ペトゥラ・クラークが出したレコードの中でも世界的に最大のセールスを出しました

                         

                        フランス語バージョンの「Dans le temps」も出しているのですがチャート上では、イギリスではザ・ビートルズの「アイ・フィール・ファイン」に1位を阻まれ2位どまりだったが、アメリカでは1位を記録した。

                         

                        原曲の歌詞の内容は“疲れた時にダウン・タウンに行ってみれば、必ず元気をもらえるわ。ダウン・タウンはあなたを癒してくれるはずよ”というものです

                         

                        フランス語版の方は曲のアレンジは全く同じなのですが、歌詞の内容が違います

                         

                        この曲の英語版の歌詞は楽しいものですが、フランス語版では、”彼がこの街からいなくなって悲しい”という内容になっています

                         

                        まず、downtown のこところを dans le temps (かつては)という、同じ響きの音の言葉を持ってきて、そこから歌詞を考えたからだと思います

                         

                        ユーチューブで拾えると思います、お暇でしたら原曲とフランス語版と聴き比べてみて下さい

                         

                        なんにしてもイギリスでは国民的歌手です、なんで日本では「恋のダウンタウン」以外知られてないのか不思議なほどです

                         

                        喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします