レコードジャケット さだまさし

2017.07.08 Saturday

0

     

    「無縁坂」はNTV系ドラマ「ひまわりの詩」主題歌だす

     

    吉田政美と組んでいたグレープ時代から日本情緒溢れる曲調がさだまさしの持ち味でしたね

     

    「グレープ」を結成した後、国学院大学に在籍していたさだまさしは大学を中退し結成の翌年「雪の朝」でデビューしました

     

    日本情緒あふれる曲調が幅広い層に受け、1974年「精霊流し」が大ヒットして一躍スターとなりました


    その後グループを解散しさだまさしがソロとして再出発「関白宣言」「防人の歌」でブームをおこし中国初公演などで話題を呼びましたが当時大きな借金を抱えていたようです

     

    1991年には同じ吉田政美と再び組んで、「レーズン」というグループ名で再デビューしたこともありましたが自然消滅したようです

     

    私事ですが笑うと歯茎が大きく見える顔ってどうも好きになれません、さだまさしも然りです

     

    さだまさしの妹や息子、娘って音楽関係に進んだようですがまるで目が出ませんね

     

    喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
     

    スポンサーサイト

    2017.07.15 Saturday

    0
      コメント
      コメントする