レコードジャケット 美川憲一

2017.02.03 Friday

0

     

    私が若かったころ新宿にあった美川憲一の店に行ったことがあります、俗にゆう「ゲイ・バー」ですね、その時は美川憲一は不在でした

     

    東宝芸能学校を経て、大映ニューフェイスとなり(こんなんでもニューフェイスになれるんですね)、「だけどだけどだけど」で歌手デビュー

     

    「柳ケ瀬ブルース」が大ヒットとなり、一躍脚光を浴びました、以後「釧路の女」「さそり座の女」など次々にヒットに恵まれましたが、大麻や覚醒剤取締法違反などの事件で低迷していました

     

    「人の噂も七十五日」の諺のとおり芸能界のご意見番みたいな位置ででかい顔をしていますがこの人の言っていることはほとんどが中身が薄っぺらなもので何も参考にはならないものばかりです、どの口で言ってるんだと思いますね

     

    そもそもこいつが復活できたのはタレントのコロッケのモノマネで人気が復活したからなんですよね

     

    美川憲一の曲で「お金をちょうだい」とゆうのがあって♪別れる前に、お金を頂戴♪とゆう歌詞なのですがその曲を聴いた三船敏郎か丹波哲郎が「男のくせに女々しい歌うたってんじゃあないよ」と言っていたことを思い出しました

     

    分かれる間際に「お金をちょうだい」なんて、パンパンだって前払いだぜ、タダだと思ってやった後金を請求するなんてなんて女だよ

    歌詞の最後は「その方があなただってさっぱりするでしょう」だぜ

     

    美川憲一ってもともと金にセコイというか、金銭に執着が強いようで、たびたび金銭トラブルを引き起こしています

     

    現在は芸能界から干されてかなり厳しい状況のようですがこんな男をテレビで見かけることがなくなってもなにも変わりはしないでしょう

     

    喫煙用パイプショップ「みのへい」もよろしくお願いします
     

     

     

     


     

    スポンサーサイト

    2017.05.24 Wednesday

    0
      コメント
      コメントする